大変長期に渡り、ご迷惑をおかけしました。

  • 2018.08.06 Monday
  • 08:43

長らく「howto.grnba.asia」でアクセス頂いていた皆様には

大変ご心配をおかけしました。

 

また飯山先生の逝去とも重なった関係で、余計にご心配を

おかけしてしまったようで、申し訳ありませんでした。

 

こうなった経緯ですが、7月の初めに連絡があり、7月後半から

SSLの設定をしないと、有害サイトの警告がでるようになるという事で

これまでこんがらがっていた部分を整理しようと、関係各所に手続きを

しているさ中に、不手際がありこれまでのアドレスでは表示できなく

なってしまった次第です。

 

この状態を改善すべく、日々関係各所と連絡を取り合って対処してきた

ところだったんですが、昨日ようやく原因がわかり、復活することが

出来た次第です。

 

原因は、システムの不具合によるものでした。大変申し訳ありませんでした。

 

今後は、もうこういったことはないとは思いますが、万が一の時のために

もう一つのアドレスも公開しておきますので、よろしければ、ブックマーク等

しておいていただけたらと思います。

 

もう一つのアドレスはこちらです。→ grnba.jugem.jp です。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

 

感謝企画実施中です。

  • 2018.08.04 Saturday
  • 03:36

先月初旬より実施しております感謝企画ですが、

まだ100個以上あり、現在も実施中です。

 

この感謝企画は、これまでに1回でもホウロンポウを

使って頂いたかたであれば、それが何年前だったとしても

これまで支えてくださった感謝の氣持ちを伝えたいと

言う事ですので、注文の過多に関わらず、お届け致します。

 

用意した品物が、無くなり次第終了となってしまいますので

まだこれまで使った事のある方で、貰っていないという方は

お早めに、ご注文下さい。

 

まだ在庫があるという方は、たとえ1本でも構いません。

 

それからもう既にお手元に届いている方も多いと思いますので

感謝企画の中身を公開しちゃいます。

 

今回の感謝企画は、植物性乳酸菌液「ai」の100ml特注ボトルと

日頃お問い合わせの多い、点眼容器をセットに致しました。

 

まだ貰ってないという方は、この機会を逃さずに貰っちゃってください。

 

感謝企画実施中のお知らせでした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

夏季休業日のお知らせです。

  • 2018.07.31 Tuesday
  • 09:20

台風12号は、上陸したにも関わらず、いまだに台風として

生き残っています。

 

そして相変わらず九州を除く西日本・東日本は猛暑が続いています。

 

そんなこんなで気づいてみれば7月も今日で終わりです。

明日はもう8月ですね。

 

8月と言えば、夏期休暇の月になります。

 

そこであと約2週間先になりました夏期休業の日程に着いて

お知らせしたいと思います。

 

夏期休業と言いましても、出荷業務と電話での受注が

お休みになるという事で、メールやファックスでのご注文は

通常と変わりありません。

 

では出荷業務がお休みになる日程です。

 

8月11日(祭日土) 夏期休業日の為、出荷業務お休みです。

8月12日(日) 同上

8月13日(月) 同上

8月14日(火) 同上

8月15日(水) 同上 本日まで出荷業務お休みです。

8月16日(木) 本日より平常営業になります。

 

という事で、11日から15日まで出荷業務はお休みです。

 

それと同時に配送業者も夏期休業対応になりますので、

この期間は通常より、少しお届けまでに日数がかかるかも

知れませんので、その点もご了承下さい。

 

8月に入りましたら、お早めのご注文をよろしくお願い

致します。

 

夏期休業による出荷業務お休みのお知らせを致しました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

病気の原因!40年前の米国報告書から・・・?

  • 2018.07.16 Monday
  • 03:27

今の體は、これまでの食生活、食事内容でできている事は

誰も否定出来ない事実であると思います。

 

食事の内容と量によって、健康を維持したり、体調不良を

起こしたり、さらに病氣になったりもします。

 

誰しも体調不良や病氣にはなりたくないんですが、食欲が

押さえられず、食べ過ぎてしまうという事はあると思います。

 

アメリカで40年以上も前に、慢性病の原因を大規模に

調査したマクガバンレポートというものがあります。

 

聞いた事がある方もおいでになると思います。

 

この中で和食の素晴らしさが推奨されています。

少し前の日本の伝統食が、健康維持には最適だそうです。

 

何故40年以上も前にわかっていた事ができていなかったのかを

解説してくれている記事です。

 

初耳だという方は、じっくりとお読み頂ければ、医療業界の

実態が推察出来ると思いますよ。

 

このからくりに気付いた人は、世界中で実践を始めています。

 

健康で生活していこうと思うなら、こういった知識も頭に入れながら

食生活を組み立てていきたいですね。

 

では以下に転載します。

 

 

病気の原因|40年前の米国報告書から何も学ばない愚かな実態とは?

junk-food-and-healthy-eating-shutterstock_217363123.png


皆さんはジョージ・マクガバンという人物をご存知ですか?マクガバンレポートとして全米で注目されたその報告書は40年以上前の1975年に発表されています。

当時、米大統領の命により、慢性病と食事の関係について世界的に調査を行い「医療費が上がっても病人が増え続ける理由」をまとめたものです。

これ、驚くことに今も昔も慢性病問題は何も変わっていません。この病気の原因と対策もはっきり分かっているのに、今もなお、現代人が同じ過ちを繰り返し、がんをはじめとする現代病が蔓延していて、世の愚かさを改めて痛感できる内容なのです。

そして、こうした健康問題対応の流れ(主流)が、がん治療最先端とか、現代病の新薬開発とかの現代医療になってますが、それが極めて誤った方向に国民が導かれていくのかがよく分かります。

 

 

こんな貴重なマクガバン・レポートが世の流れにならない理由


まず、このレポートの結論を端的に言うと、

「アメリカ人が好む肉・乳製品中心の食生活で大量摂取する動物性脂肪分は、心臓病や脳卒中、がん、高血圧、糖尿病など慢性病の死亡率を上げる」

という病気の原因が明らかであることが分かり、そもそもアメリカ人の食生活が根本的な問題であると結論付けたのです。

そして、肉や油物、乳製品など高カロリーや高脂肪、動物性の食品を減らし、穀物や野菜、果物などを多く摂取するように。と結論付けているレポートなのです。

ところが、この後、何が起きたか分かりますか?

1977年、上院の公聴会で多くの食品業界がこのレポートに異議を唱える側に立った発表を行い、その結果、肉や乳製品の摂取を減らすことを強調せず、目指すべき食生活を弱めた内容にしたのです。

そして、更に米国医師会は、当時の医学知識ではまだ人間の食生活と病気の原因についてなにも理解されていなかったにも関わらず、「食事(栄養)に関する基本的知識を与えることは、医師の医療行為を踏みにじる権利侵害だ」としてマクガバン・レポートに異議を唱え始めたのです。

これら反対勢力は、マクガバン・レポートが国民に更に広がらないようあらゆる手を講じます。彼らの持論を通すロビイストや医療、栄養学のエキスパートの積極起用、そして巨大なメディア広告活動によって子供から“彼らの”栄養知識を植え付けていきました。


calorie-intake-in-usa.jpg

↑その効果が功を奏し、米国人の摂取カロリーは、1970年に2,057Kcal、1990年に2,405Kcal、2008年には2,640Kcalにまで上昇し、肥満や糖尿病は実に2倍以上の増加となったのです。

実態は、マクガバン・レポートが発表された時よりもより多くの油物、肉、乳製品を消費するようになっていたのです。こうなる前にマクガバン・レポートでは、心臓病、がん、糖尿病、高血圧が今後一気に広がることを見越し、緊急の対策をするよう強調していました。

この数字は、食品業界、医師会の勝利、国民の敗北が決定的となったまさに信じがたい証拠となりました。


 

慢性的な現代病を薬や手術に頼ろうとする愚思考洗脳


マクガバン・レポートは、現代医療は我々を助けてくれないことを明らかに示しています。ところが、多くの人は、“一連の健康問題は現代医療や最新医療技術が解決してくれるものだ” と信じ込むようになっています。

がんや心臓病をはじめとする慢性の病気の主原因が食事によるものであるにも関わらず、みごとなほど世間では「最先端医療効果」や「薬による処方効果」ばかりを強調し、すっかり根本的原因が薄まって(軽視して)しまうようになったのです。

現代医療による治療では決して正しい病気の根本改善ではないのですが、実態は…肥満や慢性的な病気にかかった人は、病院に行き、大量の薬を飲み、時に身体にメスをいれて対処療法を施されるのです。それは決して健康的な身体を手に入れることにはなっていないのですが。

もちろん医者が「薬や手術をせず、食事を変えれば治ります」とか、「正しい食生活をおくれば病気になりません」などと、口が裂けても言えないし、言わないし、思わない(ごくまれに言う“本物”の医者はいますが、超少数派で日の目は見れず変人扱いされてます)のが通常です。


2013_09_HealthCareCosts3.png
↑その結果、マクガバン・レポートは何の意味をなさずに、「医療費が上がっても病気が増え続ける原因」が分かっていながら、すごい勢いで医療費が上がり続けて病人が増えているというオチになりました。(赤線が医療費の増加グラフ)

ここで改めて強調したいのは、

1.1975年に “もしマクガバン・レポートを受け入れ、忠実に手を打っていたら、病人は減り、健康的な人が増加した” はずだが、、
2.それによって医療業界、食品業界の経済的打撃が大きいので利益優先にした
3.それを正当化するためにメディアや知識人を利用して国民を違う思考へ誘導した
4.その結果 業界は潤った
5.その結果◆国民に病人が多発して医療費を払えない破綻者が激増した

わかりますか?いかにこの世の中は違う力によって動き、殆どの人は自覚ありませんが、国民が犠牲(健康被害と業界へ自己資金供与)を強いられているのです。


マクガバン・レポートで警鐘を鳴らしている西洋食生活はGHQの思惑通り戦後日本に侵食し、米国と同じ経緯をたどっています。そして、その西洋食を持ち込んだアメリカのレポートで「理想的な食生活は伝統的な日本食」と結論付けているこの皮肉。

残念ながら、もはや “伝統的な日本食が、病気にならない健康を手に入れる正しい日本人としての食生活である” という食文化思想が主流になることはないでしょう。

更に、悲しいかな1970年代よりも現代は病気になる原因が増えており、食事だけでなく電磁波や過度なストレス社会という別の病気の要因も出てきてしまっています。

何にせよ米国同様に日本人も洗脳と思考停止によって、この病気の原因を根本的にマクガバン・レポートのようにシンプルに理解し、解決できる人は少数派のままでしょう。

 

転載終了です。

 

記事の最後に書かれていますが、洗脳と思考停止によって

病氣になったら医師や薬がなんとかしてくれると信じて

飽食を続けている人が、まだまだ多いと思います。

 

押しつけはできませんので、気付いた方から徐々に増えていけば

良いと思う次第です。

 

ともかく免疫が高められるような食生活を目指しましょう。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

 

こんなお問い合わせがありました。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 03:31

こういったお問い合わせや質問が、時々寄せられますので、

同じような思いでいる方もおられると思い、ブログでも

取り上げることで、情報の共有をしたいと思います。

 

このような感じの質問は、過去に何回もいただいていました。

 

それでは、質問の内容と、それに対する返信を以下に

記載しますので、参考までにお読みいただけたら幸いです。

 

以下質問です。

 

 

質問: 友人からとても良いと紹介され、試してみたいと思います。

現在血液をさらさらにするワーファリンを服用していますが、

ヨモギによる乳酸菌ということで液体の中にビタミンKは

どれぐらい含まれているのでしょうか?
 ヨーグルトに混ぜて食べるには更に薄くなるので大丈夫とは思いますが、

念のためおたずねします。 よろしくお願いします。 ◯◯◯

 

 

ここから、返信になります。

 

 

◯◯◯様

ご連絡有り難うございます。

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

さて、ご質問の件ですが、この蓬龍宝は、ヨモギに付着している乳酸菌の
発酵液です。(ヨモギそのものを搾ったものではありません。)

この液の中にビタミンKが、どれくらい含まれているかとのお問い合わせですが、
分析したことが無いのでわかりません。

時々こういった質問を受けますが、免疫を高め体調不良を改善・解消するといった
ことが、多くの方々から報告をいただくということは、特にこの為に体調不良を
起こしたと言った声は、今までに来たことはありませんので、心配は無いと考えています。

それよりも問題なのは、摂取する氣持ちです。
体に良いと思って摂取するものは体に良い効果をもたらし、心配しながら摂取するものは
効果が期待出来ないということが、現実にあるんです。

信じて体に良いと思って摂取している方は、皆様体調不良が改善され、喜んでくれています。

もちろん個人差がどうしてもありますから、絶対に大丈夫ということは言い切れないのですが、
少なくともこれまでの間、体調がおかしくなったと言った報告は皆無です。

ということで、最終的にはご自身の判断ですが、もし心配があるのなら、お勧めしません。

心配しながら摂取しても、効果が期待出来ないからです。

こんなことしかお答え出来ませんが、参考にして頂けたら嬉しいです。

乳酸菌普及協会 若月祥裕

 

ここまでが返信内容です。

 

いろんな情報を知りたいと思う氣持ちは、理解出来ますが、

詳しいことを知ろうとすればするほど、検査に莫大な費用が発生します。

 

それにより価格が大幅に高騰して負担が増えるわけですが、そういった

いろんなことがわかったとして、それに何か意味があるのでしょうか。

 

実際に使ってみて、良かったら続けるし、良くなかったら止めるといった

判断で良いと思う訳です。

 

だったら、いろんな事が詳しくわかる高い商品よりも、詳しいことは

わからなくても、手頃な価格で使い続けていける商品の方が良いと

考えていますがいかがでしょうか。

 

いくら良いことが列記されている商品でも、現実に使ってみたら

そうでは無かったといった商品は、多々あります。

 

ですから、良いかそうでないかは、ご自分で試して判断するということが

一番だと思う訳です。

 

皆様に効果の実感出来る商品を、これからも造り続けていこうと

思っております。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

追伸です。

 

来週16日の月曜日は、祭日なので出荷はお休みになります。

それから現在九州地域は、豪雨の影響で出荷が出来ない状況と

なっておりましたが、来週火曜日より出荷出来るとのことです。

ですが、出荷は出来ますが、到着日時につきましては、

通常通りとはいかないようですので、ご理解お願い致します。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM