弥勒菩薩の御世が5日から始まっています。

  • 2019.05.06 Monday
  • 03:23

本日の情報は、信じる人と信じられない人に分かれると思います。

 

なので信じるとか信じないとかは、とりあえず脇に置いておいて

こういった考え方もあると言うことで、お読みいただけたら幸いです。

 

昨日5日の午前7時45分に、令和になって初めての新月になりました。

 

そして弥勒菩薩の時代、  56億7000万年の意味する、5日6日7日の

三日間が弥勒菩薩時代のスタートとなります。

 

これは太陽エネルギーの意味もある、コロナ(567)でもあります。

 

令和の御世は、この弥勒意識が基本となる時代となります。

弥勒意識とは心の中に封印されていたそれぞれの方々の使命が

明らかになることを指します。

 

ここでみんなの意識が変わらないと、地球そのものが崩壊し

人間を含む自然が失われていき、地球上に生物が存在できない

ことになる可能性が、非常に高い確率で起こると感じています。

 

まずは自分自身を大切にし、そして家族や自分が所属する集団の

調和をなし、さらに地域社会、国家その先にある世界までの

調和を意識して行動していけば、地球の自然崩壊はまだ防げると信じています。

 

一人ひとりの思いが積み重なっていくことで可能になると思っています。

 

どうか自分さえよければ、自分の会社さえよければ、そういった考えではなく

世界までとは言いませんが、少なくとも自分の住む国が調和していけるような

言葉、行動をしていきたいものです。

 

以上、私見を述べさせていただきましたが、このことは、冒頭に書かせて

いただいた通り、賛否は当然あると思います。

 

こんな考え方もあると言うことでご理解いただけたら嬉しいです。

 

本日もおいでいただき、ありがとうございました。

 

確かに違うと感じる日々。

  • 2019.05.04 Saturday
  • 05:39

さな令和に入り3日が経過しました。

 

この三日間を過ごして感じているのは、

時間の流れがこれまでとは違うと

言うことを感じています。

 

それとスピード感が、確実に早くなっている

ことは、疑う余地のないほどです。

 

皆様は、どんな令和元年の三日間を過ごされ

どんなふうに感じておられるでしょうか。

 

そしてあと今日を含め、残り3日の祭日が

またゴールデンウィーク明けの日々が

どんな展開を見せてくれるのか、とっても

楽しみではあります。

 

本日も朝から予定が入っており、気づけば

29日に甲府を出てから本日までずっと

県外を連日忙しく行脚の日々を送らせて

いただいております。

 

本日の夜には、久しぶりに甲府の自宅に

戻れると思います。

 

このゴールデンウィークの間に体験経験

させていただいた事は、まとめてこのブログで

ご紹介できる内容のものにつきましては、

後日皆様にお見せできるものと思っております。

 

それではあと残り3日の連休を、やり残しの

ないようにいたしましょう。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

令和の御世が始まりました。

  • 2019.05.02 Thursday
  • 04:05

皆さま、あけましておめでとうございます。

 

平成から令和に代わったと言うことは、単に天皇が代わったと

言う意味合いだけではなく、今回の御世がわりは、価値観をも

大きく変換すると言う意味合いが大きいと思っています。

 

経済至上主義から、精神性が優先する時代へと、全く真逆と言っても

過言ではないくらいの、変化をしていくと思っています。

 

お金が全ての価値観から、心の想いが優先される価値観へと

競争から愛和へと代わっていくことで、争いも自然と減っていくと

期待をしています。

 

それから、私たちが生活している、この宇宙船地球号は、人間だけの

為にあるのではなく、部生物さん、植物、動物等、みんなこの

宇宙船には必要不可欠なメンバーなんです。

 

平成時代までの経済至上主義では、地球環境を大きく毀損してきました。

 

これまでに経験したことのないような自然現象は、地球の叫びでは

ないかと思います。

 

台風が来ず、梅雨も無縁だった北海道が、台風は行くは、大雨は降るわと

予想外の現象が続いています。

 

これから始まる令和の時代に、なんとか地球環境を元に戻していけるような

私生活であり、企業活動であって欲しいと希望します。

 

私事で恐縮ですが、これからの仕事は、地球環境を還元していく、

言い換えたら、微生物さんたちも、植物、動物の皆さんも、地球上で暮らす

全ての生命が守られ、命を繋いでいける、そんな世界実現に繋がるような

活動に、速やかに入っていきたいと計画中です。

 

皆様におかれましても、この地球は人間だけのものではないとの、共通した

価値観を共有し、その実現に向けた実践行動を共に歩んでいけたらと

大きな妄想を抱いております。

 

この令和の時代も、これまで以上に皆様に喜んでいただけるように

精進して参ります。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

平成31年4月30日!

  • 2019.04.30 Tuesday
  • 05:17

遂にこの日が参りました。

 

平成時代最後の日です。明日からは新元号の「令和」の時代になります。

 

今日一日感謝で平成を過ごそうと思います。

 

今回の御代がわりは、昭和が平成になった事とは、根本的に違うという事です。

 

今回は、御代の代が、代ではなく世界の世だという事だそうです。

 

御世がわりというのが実態で、今回は元号だけではなく、人々の価値観も

変わっていく時代の変わり目なんだそうです。

 

直感的に感じているのは、明日からの令和という時代は、目に見えない事も

含めて、真実が表に出てきて、これまでと違う、正直者でも馬鹿を見ないで

暮らしていける、そんな時代になると、私自身は感じています。

 

人生の半分を過ごしてきた平成に、感謝しながら今日一日、予定をこなして

行こうと思うます。

 

また明日からは、新しい元号の元、新たな想いで進んでいこうと思います。

 

平成時代もお世話になりました。ありがとうございました。

引き続き令和になってもよろしくお願いいたします。

 

皆様方の多幸をお祈りしております。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

病気にならないための心のあり方!?

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 03:16

医療関係でもなんでもないこのブログや私若月祥裕に
健康に関する相談や質問を頂いておる訳ですが、
ここでお答えできる事と言うのは,免疫を正常に戻すということと、
心の持ち方というか日々起こる物事に対する受け止め方の
アドバイスだけです。

マイナス思考で受け止める人は、その度合いにも依りますが
改善解消は、期待できないと思ってまず間違いありません。

反対にプラス思考で何事も前向きに受け止める人は、
どんどん想いが形になっていく事を実感されると思います。

これは心がどんな受け止め方をするかによって、善くも悪くも
なるということです。

いろんな検証も試みましたが、確かにこれは事実でした。

私だけが妄想的に情報を発信しても、相手にされないと思いますので
同じような情報発信をされている方で、私がいろんな分野で学ばせて

頂いている廣瀬仁さんが発信してくれている記事を、

ご紹介したいと思います。

以下転載です。


 

病氣にならないための心のあり方

 

わたしは病氣の原因を主に三つだと述べている。
どれも共通項があり繋がってはいるが、どの言葉がピンとくるかは
人それぞれだろう。
わたしはすべてに置いてバランス(調和)が大切であると唱えていて、
これさえしていれば健康になれるといった類いのものは存在しないと言っている。


最終的には生き方や心のあり方、更には自然と調和できるかが
健康でいるための鍵になる
のだが、これを理解している人は思いの外少ない。
すべての病氣は自らが引き寄せたものであり、治すのも自分自身でしか出來ない。
これが事實であり、病氣とは生き方を改めなさいというメッセージなのである。


だけど、ここを理解せずに他力本願で医者などを頼り、
洗腦された現代医學と世界により、病氣が治らずに亡くなっていく人々が多い。
今の現代医學は間違いだらけであり、ロスチャイルドやロックフェラーによって
都合よく操作されている。
利権という餌に釣られた集團が医者であり医學否定も結構だが、
本質はそこではない。



すべてにおいて原因と結果が存在し、自らの生き方が病氣を生んでいるのに
 他力本願で治すという思考そのものに問題があるのだ。




確かにどうしても苦しくて辛い場合、医者や藥に頼る場合も仕方ないとは思う。
でも、あくまでも一時的な処置としてであり、絶対に慢性的に藥を飲むことや
繼續的に病院に通うことは間違えである。
第一、名ばかりの検査で原因はわからない、だから藥を処方します、
ということばかり医者はしているが、原因が分からないなら存在する意味はない。


医者の役目とは、病氣の原因を突き止め、人が本來持つ自然治癒力を
發揮させるためのサポートとして存在するべきである。
しかし、これを邪魔しているのは他ならぬ大衆である。
何かあれば医者、藥に頼るという思考が裏の支配権力による医學の支配と
既得権益という構圖に繋がっているなら、
一番惡いのは医者でもなんでもなく、一般大衆が一番惡い。


生き方や習慣や考え方の何処かに病氣の原因は必ず隠されている。
その原因を探り、そこを自らの手で改善することでしか眞の意味での健康は
手に入らない。一時的に症状を緩和したり樂にすることが出來る人など
沢山いるが、それで生き方を改めなければ病氣の再發は目に見えている。
だからこそ、三つの論で原因を考える必要があるのだ。




周波數の歪み
これは波動測定器などでチェックすることも可能だが、すべては周波數の歪み、
正常との不一致により症状が表れるという考え方である。
対策としては、サウンドヒーリングなどが効果的であったりする。



血液の汚れと循環不良
これは腸管造血説の千島・森下學説が元になる。
肉體というベースで考えるなら概ね正しいと言える。
血液が汚れる原因は心(氣)の乱れや汚れが40%、食事や水が30%、
體(骨、筋肉)の歪みが30%であるとされる。



靈、李叩肉體の不調和

スピリット(前世、憑依、カルマ)、マインド(心のブロック、思考パターン)、
ボディ(食事、水、空氣)などの回路の何処かに歪み、淀みがある場合である。



この中では3番が一番重要な要素である。何故ならカルマが原因の病氣だけは、
どう足掻いても生き方を善行にしていくしか改善方法がない
からである。
周波數の歪みや血液の汚れや循環不良だけなら、
他人の力を借りて改善することが可能ではあるが、
カルマが原因の場合だけは、自分自身で治すしか方法がないのである。
そして、この考えこそがすべてに共通して必要な考え方になるのである。


そして、最終的には病氣に対して感謝という心のあり方に到達することが
理想
になります。例えばガン腫は全身の血液の汚れや詰まりをろ過して
綺麗にしようとしてくれている浄血・延命装置です。
ガン腫がなければ敗血症(アシドーシス)で即死するのを防いでくれる、
感謝するべき體の一部なのです。それを敵と見なして攻撃すれば、
それは必ず自分自身にダメージを受けるだけです。


こうした全體像を理解し、病氣にならない生き方を目指すことが人類には
必要です。また、方法論に終始して心を疎かにするのも問題であり、
一番大切なのは何事も樂しむという心のあり方なのです。
それを踏まえて様々なことをバランスよく自然に戻していき、
調和が保たれた時こそが病氣がなくなる時になります。
心身ともに健やかに生きることを目指しましょう。







転載ここまでです。

仮にこの内容が頭で理解できたと想像してみてください。

できたとしても、いざ現実に実践となったときに、
甘えが我が儘心が顔を出し、人は基本的に自分には
甘くなってしまうので、なかなか実行できないものなんです。
(経験者は語ります。 笑 )

しかし現実に実践できたとしたら、いろんな問題はすべて
雲散霧消すると確信的妄想を、日々している若月祥裕でした。

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 


 

自然の「流れ」に従った生き方!?

  • 2019.03.15 Friday
  • 03:22

近所の濁り川の土手に植樹してある、まだ3メートルくらいの

桜ですが、すでに五分咲きなっていると思われるくらい、綺麗に

咲いています。

 

ソメイヨシノも来週には開花すると思います。

いよいよ春本番ですね。

 

でも花粉症の皆様には、この季節は大変な様ですね。

 

でもでも、この花粉症は、免疫が低下している方に起こるもので、

ホウロンポウで、免疫力を回復された方々からは、一様に花粉症が

軽くなったり、症状そのものが消えたりと、嬉しい報告を

頂いております。

 

全ての体調不良は、この花粉症でも共通ですが、基本は免疫を上げる、

そして自己治癒力を回復させて、自分の身体の不調は、自分自身が

修復させる力を持っていることに、気づいて欲しいと思います。

 

さて本日の話題というか情報は、「しみずたいき」さんのブログより

ご紹介です。

 

とても心に響いた内容で、素直に納得してしまえるものでした。

 

皆様はどう感じられるでしょうか?

 

以下に転載いたしますので、お目通しいただけたら幸いです。

 

 

 

画像に含まれている可能性があるもの:屋外

幸せはいつも「今」ここにある

2015年3月13日 · 

 

人生には「流れ」というものがあります。
   
あまり忙しすぎると、内なる自分と
対話することが、できないし、
「流れ」を感じることもできません。
    
人生の「流れ」に乗るためには
少しの時間を見つけて
「リラックスする」ことです。
    
赤信号の時は、
ゆったり待ち、空を見上げましょう。
    
交通渋滞の時は、
ゆったり音楽でも聴きましょう。
     
ランチの時は、急いで食べずに感謝しながら、
ゆったり噛んで よく味わいましょう。
   
この「ゆったり」
としたのリズムが
    
あなたに多くの「気づき」を
もたらしてくれます。
   
そして、
本当に早く行きたい時は、
   
信号が全て
「青」になってくれる
ことを体験するかもしれません。
   
本当は、急がなくても大丈夫なのです。
    
必要なものは、「必要な時」に
現れるような仕組みになっています。
   
人生には、大きな【流れ】があるのに、      
それに逆らって泳ぐことが   
「自分らしさ」だと 思われがちですが、

本当は「俺が・私が」の小さな我を捨て、
流れに逆らわずに 
無心で 泳ぐこと(今を生きる)で 
本来の【自分らしさ】があらわれます。 
   
このように 
自然の「流れ」に従った生き方を
   
日本古来から
「かんながら(随神、惟神)」と言います。
   
「神と共に生きる」
「神のご意志のままに」という意味で、
    
この言葉は、日本人の
根っこの精神性をよく表した言葉です。
    
これは
「何もせず 受身的に生きる」という意味ではなく、
   
「できることは精一杯やって、
 結果は天にお任せします」
   
という意味であり
   
「自ずから天の意志(流れ)
 というものを推し量って生きる」

という生き方のことです。

 

ですから、もし
何かがうまくいかない時、

焦りすぎている時、
緊張しすぎている時、

力み過ぎている時、
頑張りすぎている時は

少し ゆるめて 
今この瞬間に意識を向けて

天の意志(流れ)を感じてみてください。

 

大事なのは

過去でもなく

未来でもない

今この瞬間です。

 

そして
「自分自身の中に、全ての答えがちゃんとある」
と信頼して、人生を楽しんでください。

 

この「かんながら(随神)」に沿った
生き方こそが、「無敵」なのです。

人生はプールと同じ。抵抗するから苦しい。 
    
“あなた”が力を抜けば、“私(本質)”は浮いてくる
    
(しみず たいき)
https://www.facebook.com/taiki7

 

 

 

転載はここまでです。

 

この文章の中にある、青信号がずっと続くといった体験は、

結構な頻度であります。

 

その都度、感謝しながら運転しています。

 

若い時の運転と今では、全く別人が運転している様です。

 

でもこういった運転をする様になってから、信号が全て

青になるといった体験が、増えたきた様に感じます。

 

やはり心に余裕を持つということは、大事な事だと思っています。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

世の中の建て替え立て直しと魂磨き!

  • 2019.03.01 Friday
  • 03:44

あっという間に2019年も3月に入ってしまいました。

 

あと二ヶ月後の5月1日には、平成から新しい年号に変わるとともに、

天皇陛下が交代されます。

 

31年ぶりの出来事になります。

 

それと今年はイノシシ年で、災害が多発する年回りだと言われています。

 

備えあれば憂いなしと言いますが、二週間程度の食品や水の備蓄は

なされていますでしょうか?

 

ここで確認されておくと良いかもしれません。

 

さて本日の情報ですが、この内容は最近特に重要視している内容です。

 

能村 聡さんが、情報発信してくれています。

 

理解できるまで繰り返し読み込み、そして実践することで人生が大きく

変えられる可能性を秘めた、実に凄い情報だと思っています。

 

私も実践させて貰っていますが、ここに書かれている事に、

間違いありません。(経験からくる確信です。)

 

どんな事が自分の身に起こっても、全て感謝で受け止めるようにしたら

結果は治るべきところに治るものです。

 

どんなに自分にとって不都合な事が起こっても、愚痴、泣き言、不平不満は

決して口にしてはいけません。

 

全て自分に何倍にもなって返ってきます。

この事を理解していれば、口から出す言葉に気をつける様になると思います。

 

では以下に転載しますので、よろしければお目通し下さいませ。

 

 

 

能村 聡

2月25日 9:27 · 

 

《世の中の立て替え建て直しと魂磨き》

 

おはようございます。今朝は、ちょっと久々の長文です。・・・
 

外の世界で起こっている様々な不幸な出来事や体験は、人間の内の想い癖(カルマ)が鏡に映っている姿です。原因は人間にあり、その結果がネガティブな体験として人間に跳ね返ってきています。

 

「立て替え建て直し」とは、人の穢れてしまった魂を元の清らかな魂に戻そうという宇宙の自浄作用のようなものです。禊(みそぎ)です。この作用は今、正に進んでおり、重要な局面を迎えています。

 

人の身体も毒素を溜めたり、悪い因があると病気という形で表れたしますが、それと同じで立て替え建て直しにおいても悪い物はどんどん表面化し、浄化が進んでいきます。現象は、悪意ある様々な嘘の発覚、事件、事故、災害などに及びます。これが膿だしです。

 

勘違いしてはいけないのが、本質的には立て替え建て直しが起こっている「因」は汚れてしまった人の内なる魂にあります。自分を省みずに外に責任転嫁すればするほど気づくまで益々厳しい事態を招くことになります。

 

解決の道はネガティブな結果を、感謝して受け入れ、「因」を良きものに変えることです。結果は変えられませんが、原因は変えられます。それが第一歩です。

 

人がこのままの状態で魂を穢し続けていくならば、そんなに遠くない将来に人類は破滅へ向うことになるかもしれません。
 

今回の立て替え建て直しはそのような事にならないため人に与えられた最後のチャンスであることを理解し、「浄化」に努めていただきたいと思います。

 

人が魂を磨き、積もり積もった垢を落とすことで、立て替え建て直しを成功させる事ができます。
 

今現在、人が抱えている問題は上げればキリがないほどありますが、個人レベルで特に重要な事は、

 

[1]「言霊」に気を付けること(汚い言葉を吐かない)、口(美しい愛に溢れた言葉)と心(ポジティブな気持ちや感情、やさしさ)と行(良き実践)を一致させること。

 

[2]「食」を見直すこと(できるだけ自然と調和した高いエネルギーの食べものを食すること)

 

[3]自分の欠点(ネガティブな想い癖というカルマ)と向き合って克服する努力をすること

 

[4]日常生活の中で宇宙からの高い周波数の波動エネルギーと共鳴するこいくこと、その波動をさらに自分が源になって広げていくこと

 

[5]自分以外の他者(人々や自然)に無条件の愛を施す奉仕活動に参加することなどが大切です。

 

[6]自然のなかで大地(大地母神ガイア)につながってゆっくり過ごし、身心を癒すこともいいでしょう。

 

魂の浄化を進めていくにあたっては、何も特別な「修行」をする必要はありません。
 

日常の暮らしの中で、自分自身を浄化する努力をし、そして家族を浄化に導く努力をし、さらに周囲の人々、世界中の人々へと良いエネルギーを伝播させてとが今、人に求められています。

 

画像に含まれている可能性があるもの:火、キャンドル、室内

 

 

転載ここまでです。

 

本来の自分に気づき、ありのままに生きるって事ですかね。

 

そして出来るだけ自然と調和し、自然を愛し大切にする想いが

大事になるんだと思っています。

 

もうすぐ桜の季節になります。体調を整え、日々元気でお過ごし下さい。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

大人と思っているなら、まずは精神的自立が基本です。

  • 2019.02.23 Saturday
  • 04:51

ここ甲府は、連日暖かい日が続いています。何かこのまま春になって

しまうような感じがしています。

 

でもやはり冬は寒くないと、いろんな面で不都合が起こります。

 

衣食住全てにおいて、需要予測が狂い、本来売れるものが売れないと

言った状況が実際に起こってしまっています。

 

冬は寒く夏は暑いというのが本来の姿ですが、そんな事を言ってみても

現実を受け入れるしかないわけですから、この状況も感謝して

受け止めていきましょう。

 

さて本日取り上げた精神的自立というのは、大人であれば最低限自覚して

おきたい事です。

 

自立の反対は依存です。誰かにまた何かに依存していると、その依存の

対象がいつか消えた時に、生活が一変してしまいます。

 

その事は少し想像力を働かせたら、誰にでも状況が理解できると思います。

 

自立というと、経済的自立の方にばかり意識が向きますが、状況によっては

働きに出られない環境の方もいらっしゃると思いますので、理想では

ありますが経済的自立は、条件が整わないとできないものだと思います。

 

しかし精神的自立という事になりますと、たとえ専業主婦をなさっている

方でも精神的自立は可能です。

 

経済的には心配ない環境で暮らしているわけですから、お金を稼ぐ必要も

ないわけで、専業主としての仕事を片ずけてしまった後の余暇の時間と

いうものがあると思います。

 

この時間の使い方で、精神的自立ができるかどうかが決まるんです。

 

この自由な時間を、自分の楽しみのために使うような生活では、

生涯依存体質からは脱却する事はできないでしょう。

 

しかしこの自由な時間を、自分以外の誰かのために、その誰かが喜んで

くれるような使い方をして、その結果その相手から感謝を頂くことが

できたなら、精神的自立の一歩がスタートします。

 

これが繰り返されて積み重なってきますと、感謝の貯金もどんどん増えて

その増加とともに自分に自信が芽生え、好循環がおこります。

 

こう言った状況になると、もし万が一依存している対象が消えたとしても

動じることなくいられますし、もし収入の道がいっ時途絶えたとしても

これまでに感謝をしてくれた皆様が、ここぞとばかりに応援をしてくれる

事になります。

 

人の役に立っていれば、万が一自分が窮地に陥った時には、救いの手が

差し伸べられる事を、実感することができると思います。

 

そして専業主婦の立場がもし無くなっても、これまでの生き方で生活していく

ことが可能です。

 

その理由は、誰かが喜びその対価を支払うという行為が、実は仕事だからです。

 

専業主婦でいる時は、その仕事を無償でしていたんです。

 

無償は何より素晴らしいのです。その無償の行為が、万が一の時に貴女を

支えてくれるんです。

 

どんな立ち位置で生活していても、自分のことを大人だと思うのであれば

まずは精神的自立を、そしてもし可能であれば、経済的自立もできたら

理想です。

 

とりとめのない話になって恐縮ですが、少しは想いが届いたでしょうか。

 

これは私見ですので、こんな考え方もあるんだ程度でお目通しくださいませ。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

さりげなく自分に出来ること。

  • 2019.02.21 Thursday
  • 04:01

今月も残すところあと一週間となりました。昨夜はお月様が綺麗でしたね。

 

しかしここ甲府盆地では、昨日も昼間ですが気温が18度まで上がりました。

汗ばむほどでした。今年からはこれが普通なのかもしれませんね。

 

確かにこれまでの平年通りとか昨年並みとかいう表現は必要なくなるかも

しれませんね。

 

でもこの気温は、乳酸菌の培養には有り難いです。

つくずくこの世界は陰陽の世界だと思います。

 

ですから現実に起こる現象を捉える目も、片側に行き過ぎないように、

逆目も意識して現象を捉えるようにしたいものですね。

 

さて本日は、飯村聡さんがFacebookで発信しておられたものですが

ついついやってしまいがちな行動の意味を、理解できるな内容なので

情報共有ということで、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

さりげなく自分に出来ることと言った内容です。

 

以下に転載しますので、お目通し頂けたら幸いです。

 

 

写真の説明はありません。

能村 聡

2月19日 14:20

 

【さりげなく自分に出来ること】

 

愛の形として、自分に出来る範囲のことで探してみましょう。

 

家族や友人、知人などに出来ること!

 

恩着せがましいことではありませんよ!

 

見えないところでさりげなく、と言うのが良いですよね。

 

愛の施しに気付かれない程度の愛です。

 

目に見えて善いことしてますって感じにならないことです。

 

陰の施し!

 

例えば家族の中で、お風呂の汚れがちょっと気になったら、さっと掃除しておくとかです。

 

ここで「汚かったから掃除しておいたから・・・」とか言うと、もめ事になります。

 

また如何にも善い事していますよ!的な発言も慎みましょう。

 

愛は陰の施しですから・・・!

 

見えないところでさりげなく行うのが良いのです。

 

この様な愛の積み重ねで、周りがどんどん変わってきますよ!

 

何故この様な話しをするのかというと、愛は自分の欲を満たすものではないから・・・!

 

人の出来ないところを指摘したり、自分が善いことをしたとひけらかすことは、全然愛の行動ではないからです。

 

愛とは誰かを思って行う行為で、それを評価して欲しいと思った時点で、愛の行為ではなくなります。

 

偽善行為ですね!

 

如何にも善いことをしている振りをして、善い人間面していると言うことです。

 

政治家みたいですね!

 

本当の愛は、有り難うの言葉を期待するものではないと言うことです。

 

誰も気付かないところでさりげなく行うことで、見返りを求めないのが愛の行為です。

 

毎日の生活の中で、自分は愛の行為をしているかどうか?

ちょっと考えてみてください。

 

■出展:「プレアデスからんスピリチュアルメッセージ」から転載いたしました。
http://pleiadesm45subaru.blog.fc2.com

 

 

転載終わりです。

 

何か良いことをした時、自分からやっておいたよとアピールしがちな事は

多々あると思います。

 

自身を振り返っても、確かにやっちゃってる事は自覚があります。

 

見返りを求めないなら、いう必要もないわけで、アピールするという事は

なんらかの見返りを求めているということになっちゃいますね。

 

意識して気をつけたいと思います。

 

さりげなくできること、確かにこう言った行為は、人間関係を円満に

することができると確信します。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

不二阿祖山太神宮に、参拝してきました。「

  • 2019.02.19 Tuesday
  • 05:19

日曜の朝、超久し振りにぐっすり眠って目覚めました。

 

外は雲ひとつない素晴らしい天気で、予定ではイベント明けで

休息日と考えて、予定を入れずにいたんだけれど、天気に

誘われるように、家を出て車を走らせておりました。

 

素晴らしい天気だったので、これなら富士山が綺麗に見られる

だろうと、一路富士五湖に向かって走りました。

 

御坂峠を越え、河口湖に差し掛かると、素晴らしい雄大な富士山の

雪化粧の姿が、目に飛び込んできました。

 

富士山は何度見ても、感動しますね。日本人とって富士山は、

特別な山なんだと思います。

 

そこで土曜日に情報をもらった、富士吉田市大明見にある、

不二阿祖山太神宮に参拝しようと思い、太神宮に向かいました。

 

着いてみると、山の急斜面を切り開いて造られた神社で、

これまで参拝に訪れた神社とは、違う印象を持ちました。

 

こんな感じです。

 

そしてあとでわかるんですが、この階段を上がる時、男性は左側

女性は右側を通るんだそうです。

 

これは男性と女性とは、エネルギーの違いで、逆だとふらついたり

身体が重くなるんだそうです。

 

このことは、神社のスタッフの方に案内してもらうときに

、説明とともに、感触を確かめるということも体験できます。

 

階段を上がっていくと、初めてみる3本足の平面的には三角形の

鳥居が現れ、その中心がゼロ磁場なんだそうです。

 

そこに立つと、エネルギーを感じる事ができます。

こんな鈍感な私でも、エネルギーを感じました。

(気のせいかもしれないけれど・・) 笑

 

そしてそのあと写真を撮ったら、なんと光の柱が降りていました。

なんかすごく感動しました。

これです。

これほどはっきりとした光の柱が写ったのは初めてです。

 

そして参拝の作法も、この神社は他の神社の作法とは違っていました。

最初に2礼3拍手1礼で祈り、終わりは1礼4拍手1礼で終わります。

 

この作法が、本来の作法なんだそうです。

 

そしてこの日は、予定にはなかったそうなんですが、渡邉大宮司が

おいでになり、思いがけず尊顔を拝することができました。

記念に一緒の写真も撮らせて頂きました。

このスーツ姿の方が、大宮司様です。

 

とても柔和な方ですが、おっしゃってることは、時に厳しく

真実を語っていると言った感触を強く感じました。

 

そんなこんなで3時間ほど滞在し、案内を受ける中で、ここには

数カ所のパワースポットがあることがわかりました。

 

甲府から車で1時間でいけるので、今後は月に一回は参拝しようと

思ってます。

 

説明では、ここが大昔、神社の発祥で、モーゼもキリストも、ここで

宇宙の仕組みを学び、世界に出て行ったとの古文書も見つかった

こともあり、好奇心の強い私としては、納得いくまでは、関わろうと

思っているところです。

 

興味を惹かれた方がありましたら、一度訪れてみてください。

期待は裏切らないと思いますよ。

 

日曜日の出来事でした。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

ミニ風呂バンス480
ミニ風呂バンス480 (JUGEMレビュー »)

乳酸菌風呂の保温には、1000出なくて、この480でも充分です。PHが低いので、どうせ1年とは持たないので・・・・

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM