疲れが取れず困っている方へ「一日断食」のやり方について!?

  • 2018.07.20 Friday
  • 03:44

この人間社会では、人としてやって良い事と、やっては行けない事が

あると言うふうに常識では皆さん思っていると思います。

 

でもそれは、個々の行為を指しているのではなく、その一つ一つの

行為に対する想いの方向が、どちらを向いているかによって、

やってよい事とやってはいけない事として分けられているだけです。

 

どんな事でも、人間関係において、相手に対して尊重し思いやりを

持ち、相手が望むような行為は、良い事と考えています。

 

身近な例としてあげますと、例えば自分はお酒が好きで、楽しく飲んで

いる時に、他の人にお酒を勧めるといった行為は、良くある風景です。

 

でもお酒が苦手だったり飲めない人に勧めることは、その人にとっては

迷惑である事は、ご理解頂けると思います。

 

逆にその人がお酒が大好きだと言う事を知っている場合には、お酒を

勧める事は、おおいに喜んでもらえる行為だと言う事も、理解頂けますね。

 

お酒を勧めるという行為は一緒なのに、結果は全くの逆になっています。

 

一事が万事で、全ての行為は自分の行為の中に、相手の存在がしっかりと

思いやりを持って存在しているかどうかと言う事だけです。

 

自分よがりな想いで行う行為は、極端な言い方をすれば、すべてやっては

いけない事になります。

 

相手を思いやって行う行為は、すべてやってよい事と言えると思っています。

 

ですから、何かを行おうとする時には、やって良い事なのか、いけない事

なのかと考える前に、相手が望んでいるのかどうかを考える方がトラブルや

嫌な思いをする事は、避けられると思います。

 

相手が心から望んでいない事は、決して行為に及んではならないと思います。

(時々心は望んでいるのに、口では望んでいないという場合もあるので・・・)笑

 

この事に氣づく事ができ、また実践さえ出来れば、どんな事も相手が、

望んでくれるように行えば、出来るようになると言う事です。

 

こうなれば、人生が何倍にも楽しくなる事請け合いです。

 

心のどこかで、なにか感じる事が出来た方は、是非実践をしてみて下さい。

この事が妄想ではなく、真実である事が理解出来ると思います。

 

さて、本日のお役立ち情報ですが、疲れが取れずに困っている方への

養生ラボさんから発信している情報を、ご紹介したいと思います。

 

疲れが取れるだけではなく、免疫力も高まる事ですので、健康維持には

良いと思います。

 

以下転載です。

 

疲れが取れず困ってる方へ「1日断食」のやり方について

 

 

cf7f57acd2a35ea192c87ef22605ddf9_s

「1日断食」のやり方について

最近疲れが取れないな〜とか取れにくいな〜って感じてる方も

現代の「過食、飽食」が原因かもしれませんね。

食事はあなたの体を作ってくれます。

 

これを機に少しだけでも見直すきっかけになったら幸いです。

 

どんなやり方が自分の体調、ライフスタイルには合ってるのか?

もちろん何でもそうだと思いますが、慣れるまでの少しの間の我慢は

必要ですが、過度なストレス、がんじがらめな思考、

「これじゃなきゃダメ、あ〜食べ過ぎちゃった私はダメだ…、

やっぱり僕には(私には)無理だ」なんて思ってしまったら

疲れちゃいますからね。

 

心も身体も疲れきって 普通の状態だったらなってなかったような

病気にだって、健康のためにやり始めたことが原因で病気になっちゃう・

・・なんてことになる方も多いです。

 

かくゆう私も痩せたいと思う焦る気持ちから始まり

体調を悪くした一人です。

 

これが健康にいいから、これは健康に良くないから絶対だめ。

 

絶対ってのはないですよね。ダメと言われてるものでもやり続けて

ピンピン健康な人もいるわけですしね。

 

健康マニアに健康な人はいない!

 

そうゆうことです。

もちろん私たち養生ラボは健康になるための養生法やアドバイス、

ヒントになるようなことなどお伝えしていますし、実践もしています。

 

私自身は見た目とは違いちょっと真面目なところがあるので、

こんつめてやろうとしてしまう部分と面白いから自分の体でどーなるのか

人体実験したいとゆう思いでやってますが。

cd59b9bff38a8bebde2856ecc9a489a7_s

 

皆さんはゆるく長く、焦らず、思いつめず。

自分の体と相談しながら 養生ラボが推奨することを試しに実践してみて

その中から自分の体が喜ぶことを模索していきましょう。

 

まずは方法として

 

.轡鵐廛襪埜果抜群の朝食を抜く
プチ断食(半日断食)

 

 

はてブ数

プチ断食は朝食抜くだけなので本当に誰でも入りやすいので

まずは こちらから 試しにやって欲しいなと思います。

 

朝から超飽食だった私の母63歳も「プチ断食始めました」

「話聞いたときは絶対無理と思ったけど、やってみたら意外に辛くないし、

全然平気だった。

 

体も自然にちょっと痩せて締まってきたし、便秘も治って、胃の調子もいいし

体が軽い」と自分の体の変化について嬉しそうに話してくれました。

 

ここからプチ断食に慣れれば次の段階へステップアップしてみるのも

ありかもしれません。

 

今回は紹介するのは
プチよりハードル上がる「1日断食」のやり方です。

34a1b7a1c3a0837b9e5c3622f0d0f5a1_s

 

1日断食とは、「丸一日固形物をとらないこと」

初めての時は週末を利用するといいと思います。

 

土曜日に1日断食を決行したいのなら前日の金曜日は減食、

日曜日は回復食をします。

 

「ハナキンだし、明日断食するし、暴飲暴飲OKでしょ?」

まぁ 試しに 1日断食してみようかなって軽いノリで始めるなら

それはそれで全然OKだと思う。

 

沢山飲めや食えやしたとしても次の日食べなきゃいいでしょ!?

 

確かに一日ではなく2、3日の食事バランスをとって調整してあげることに

関してはOKだと思います。

・・・・が。空腹に耐えられなくなり、次の日またドカ食いをしてしまえば

断食したために、もろ吸収もしますので更に太る事「リバウンド」に

なりますから、だったら断食を考えず、普通に食事の量を減らして

野菜などをしっかり摂る方が堅実的です。

 

※わかりやすく言えば断食後は飢餓状態になっているため
「今まで10食べて6の吸収だったのが、10食べたら10の吸収に

なってしまう」ということです。

 

※そして回復食で一気に食べてしまうと胃腸に急激に負荷がかかって

大変危ないそうです。

 

ときには腸捻転を起こしたり、内臓が突然動くことで「肝」「膵」

腫れてしまったりすることもあるそうですので一日断食する前よりも

体調が悪化してしまうこともあり得ますので、

 

回復期はダイエットの成否だけでなく、体調にもかかわってくるものですので

注意が必要です。

 

クリアになった胃や腸は初めて離乳食を食べる赤ちゃんと

同じと考えてください。

 

152d418c95adcbba5a3575db65a066f0_s

 

ダイエットに失敗するだけでなくデトックスにも失敗して、

むしろ以前よりもわるい状態になってしまう…

 

そう考えると、ちょっとちゃんと気を引き締めて減食、回復食も

挑戦してみようかなという気持ちになりますよね。

 

そこで根本的な話、 断食する本来の究極の目的

 

「体から老廃物を出す」

 

色んな毒(病気やら、農薬やら、経皮毒やら、宿便やら、その他もろもろ)

排出してスッキリしたいなどと考ええているなら、断食する前の日も

やはり減食して 「準備食」として胃を整えてあげてください。

 

逆に前日食べ過ぎてしまうとかえって空腹感が強く出てしまうので

断食を断念しやすくなってしまいます。

 

水分はしっかり1日2リットル以上とってください。

 

はてブ数

半日断食同様、どうしても辛い時は・・・・

酵素ドリンクや野菜ジュース、りんご半分やみかん1個など

少量や天然塩を舐めてください。

 

天然塩は脱力感が和らぐそうです。

 

それから断食中は食べ物の情報をなるべく断ちましょう。

 

空腹時にそんなもの見ていたらが余計我慢できなくなりますし、

断食中に我慢できたとしても終わった時反動でドカ食いに

走りやすくなってしまいます。

 

実際私たちも本断食(3日断食)などをすると、準備食や回復食を入れると

まるまるほぼ1週間も通常食は食べないので、甘いものだとかやパンなど

食べたい欲求が出てきたりしてしまいます。

 

そして我慢しきれず、「ちょっとだけ、一口だけ」と食べ始めたら最後。

止めることはできず、無くなるまで食べてしまった…

なんてことをしてしまったことはあります。

 

2c564ec3139b918fa14bfca6ffb4713f_s

 

なので3日断食より、心も体的にも簡単で負担の少ない半日断食や

一日断食をおすすめするのです。

 

皆さんもやられてみたらわかると思いますが、断食は思ってるより

大変ではありません。

食べないってことは、ピークを過ぎさえすれば無になります。

 

しかし一番大変なのは回復食です。

ここで失敗する人がとても多いんです。

 

理由は、重湯やお粥を食べることにより胃腸は動き出し、

さらには血糖値が急激に変動すればするほど、体は糖質を欲しがるそうで

食欲を理性でコントロールしずらくなるそうです。

 

断食当日は お腹すいたら、普段読めない雑誌読んだり、

軽く散歩してみたりDVD観たりゆっくりまったり過ごす。

これが最善かもですね。

「回復食」として

618e4f1cfe4529e2706a80cee8758de7_s

 

待ちに待った一日断食後の回復食は翌朝 いきなりがっついてはダメですよ。

お粥を軽くお茶碗3分の1程度食べて、昼、夜は半分と少しずつ

戻してください。その次の日は普通食を8分目程度で。

 

私はこの断食あけのお粥がたまらなく好きです。

本当に格別に美味しいんですよね。カラダにスーっと染みわたっていく

感じが分かり嬉しくなります。

 

1日断食でも好転反応は出るので、途中まではしんどかったりしますが、

急にフッと体が軽くなったりします。

 

たまに断食ハイみたいになっちゃって、

「このまま10日くらい食べなくてもいけるかも!」なんて

思ったりすることもありますが。

 

ゼッタイに皆さん止めてくださいね。安易に長期断食を一人で行うことは

かなり危険です。

3日以上の断食の場合は、断食施設などに行って行ってください。

 

9d375c9ec3d725b9b59f9ecdbe077a77_s

 

旦那さんも初めて水だけ飲む3日断食を自宅でしたとき吐き気、頭痛、

悪寒などがひどく立ち上がることさえできず真っ青な顔をしていました。

 

※私は1日断食などを何度か繰り返してから3日断食を行ったので

大丈夫でしたが…。

 

本当に辛そうだったのに、私は無理して続けさせてしまいましたが。(反省)

 

激しい吐き気や吐血をする人も中にはいるそうなので、無理は禁物です。

 

無理を通して長期断食をするより、短い断食をこまめにする方が

はるかに安全です。短期断食でも繰り返すうちに効果は出てきます。

 

断食とは、1回やったからOKというものではありませんので

焦らず自分のペースで体を慣らしていくのがベストです。

注意点のまとめ

  • 丸一日固形物をとらないこと
  • 水分はしっかり2リットル〜。
  • 回復食は断食日数と同じ日数が必要なので、1日断食の場合、
  • 1日かけて戻すこと。次の日も腹八分目を心がける。
  • リバウンドに注意。
  • 無理は禁物。

 

転載終了です。

 

連日猛暑酷暑が続いています。いつまで続くかわかりませんが

まだまだ当分の間続く予報のようです。

免役を低下させないようご注意下さい。

水分補給は大事ですが、塩分も過不足無く摂取して欲しいと思います。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

病気の原因!40年前の米国報告書から・・・?

  • 2018.07.16 Monday
  • 03:27

今の體は、これまでの食生活、食事内容でできている事は

誰も否定出来ない事実であると思います。

 

食事の内容と量によって、健康を維持したり、体調不良を

起こしたり、さらに病氣になったりもします。

 

誰しも体調不良や病氣にはなりたくないんですが、食欲が

押さえられず、食べ過ぎてしまうという事はあると思います。

 

アメリカで40年以上も前に、慢性病の原因を大規模に

調査したマクガバンレポートというものがあります。

 

聞いた事がある方もおいでになると思います。

 

この中で和食の素晴らしさが推奨されています。

少し前の日本の伝統食が、健康維持には最適だそうです。

 

何故40年以上も前にわかっていた事ができていなかったのかを

解説してくれている記事です。

 

初耳だという方は、じっくりとお読み頂ければ、医療業界の

実態が推察出来ると思いますよ。

 

このからくりに気付いた人は、世界中で実践を始めています。

 

健康で生活していこうと思うなら、こういった知識も頭に入れながら

食生活を組み立てていきたいですね。

 

では以下に転載します。

 

 

病気の原因|40年前の米国報告書から何も学ばない愚かな実態とは?

junk-food-and-healthy-eating-shutterstock_217363123.png


皆さんはジョージ・マクガバンという人物をご存知ですか?マクガバンレポートとして全米で注目されたその報告書は40年以上前の1975年に発表されています。

当時、米大統領の命により、慢性病と食事の関係について世界的に調査を行い「医療費が上がっても病人が増え続ける理由」をまとめたものです。

これ、驚くことに今も昔も慢性病問題は何も変わっていません。この病気の原因と対策もはっきり分かっているのに、今もなお、現代人が同じ過ちを繰り返し、がんをはじめとする現代病が蔓延していて、世の愚かさを改めて痛感できる内容なのです。

そして、こうした健康問題対応の流れ(主流)が、がん治療最先端とか、現代病の新薬開発とかの現代医療になってますが、それが極めて誤った方向に国民が導かれていくのかがよく分かります。

 

 

こんな貴重なマクガバン・レポートが世の流れにならない理由


まず、このレポートの結論を端的に言うと、

「アメリカ人が好む肉・乳製品中心の食生活で大量摂取する動物性脂肪分は、心臓病や脳卒中、がん、高血圧、糖尿病など慢性病の死亡率を上げる」

という病気の原因が明らかであることが分かり、そもそもアメリカ人の食生活が根本的な問題であると結論付けたのです。

そして、肉や油物、乳製品など高カロリーや高脂肪、動物性の食品を減らし、穀物や野菜、果物などを多く摂取するように。と結論付けているレポートなのです。

ところが、この後、何が起きたか分かりますか?

1977年、上院の公聴会で多くの食品業界がこのレポートに異議を唱える側に立った発表を行い、その結果、肉や乳製品の摂取を減らすことを強調せず、目指すべき食生活を弱めた内容にしたのです。

そして、更に米国医師会は、当時の医学知識ではまだ人間の食生活と病気の原因についてなにも理解されていなかったにも関わらず、「食事(栄養)に関する基本的知識を与えることは、医師の医療行為を踏みにじる権利侵害だ」としてマクガバン・レポートに異議を唱え始めたのです。

これら反対勢力は、マクガバン・レポートが国民に更に広がらないようあらゆる手を講じます。彼らの持論を通すロビイストや医療、栄養学のエキスパートの積極起用、そして巨大なメディア広告活動によって子供から“彼らの”栄養知識を植え付けていきました。


calorie-intake-in-usa.jpg

↑その効果が功を奏し、米国人の摂取カロリーは、1970年に2,057Kcal、1990年に2,405Kcal、2008年には2,640Kcalにまで上昇し、肥満や糖尿病は実に2倍以上の増加となったのです。

実態は、マクガバン・レポートが発表された時よりもより多くの油物、肉、乳製品を消費するようになっていたのです。こうなる前にマクガバン・レポートでは、心臓病、がん、糖尿病、高血圧が今後一気に広がることを見越し、緊急の対策をするよう強調していました。

この数字は、食品業界、医師会の勝利、国民の敗北が決定的となったまさに信じがたい証拠となりました。


 

慢性的な現代病を薬や手術に頼ろうとする愚思考洗脳


マクガバン・レポートは、現代医療は我々を助けてくれないことを明らかに示しています。ところが、多くの人は、“一連の健康問題は現代医療や最新医療技術が解決してくれるものだ” と信じ込むようになっています。

がんや心臓病をはじめとする慢性の病気の主原因が食事によるものであるにも関わらず、みごとなほど世間では「最先端医療効果」や「薬による処方効果」ばかりを強調し、すっかり根本的原因が薄まって(軽視して)しまうようになったのです。

現代医療による治療では決して正しい病気の根本改善ではないのですが、実態は…肥満や慢性的な病気にかかった人は、病院に行き、大量の薬を飲み、時に身体にメスをいれて対処療法を施されるのです。それは決して健康的な身体を手に入れることにはなっていないのですが。

もちろん医者が「薬や手術をせず、食事を変えれば治ります」とか、「正しい食生活をおくれば病気になりません」などと、口が裂けても言えないし、言わないし、思わない(ごくまれに言う“本物”の医者はいますが、超少数派で日の目は見れず変人扱いされてます)のが通常です。


2013_09_HealthCareCosts3.png
↑その結果、マクガバン・レポートは何の意味をなさずに、「医療費が上がっても病気が増え続ける原因」が分かっていながら、すごい勢いで医療費が上がり続けて病人が増えているというオチになりました。(赤線が医療費の増加グラフ)

ここで改めて強調したいのは、

1.1975年に “もしマクガバン・レポートを受け入れ、忠実に手を打っていたら、病人は減り、健康的な人が増加した” はずだが、、
2.それによって医療業界、食品業界の経済的打撃が大きいので利益優先にした
3.それを正当化するためにメディアや知識人を利用して国民を違う思考へ誘導した
4.その結果 業界は潤った
5.その結果◆国民に病人が多発して医療費を払えない破綻者が激増した

わかりますか?いかにこの世の中は違う力によって動き、殆どの人は自覚ありませんが、国民が犠牲(健康被害と業界へ自己資金供与)を強いられているのです。


マクガバン・レポートで警鐘を鳴らしている西洋食生活はGHQの思惑通り戦後日本に侵食し、米国と同じ経緯をたどっています。そして、その西洋食を持ち込んだアメリカのレポートで「理想的な食生活は伝統的な日本食」と結論付けているこの皮肉。

残念ながら、もはや “伝統的な日本食が、病気にならない健康を手に入れる正しい日本人としての食生活である” という食文化思想が主流になることはないでしょう。

更に、悲しいかな1970年代よりも現代は病気になる原因が増えており、食事だけでなく電磁波や過度なストレス社会という別の病気の要因も出てきてしまっています。

何にせよ米国同様に日本人も洗脳と思考停止によって、この病気の原因を根本的にマクガバン・レポートのようにシンプルに理解し、解決できる人は少数派のままでしょう。

 

転載終了です。

 

記事の最後に書かれていますが、洗脳と思考停止によって

病氣になったら医師や薬がなんとかしてくれると信じて

飽食を続けている人が、まだまだ多いと思います。

 

押しつけはできませんので、気付いた方から徐々に増えていけば

良いと思う次第です。

 

ともかく免疫が高められるような食生活を目指しましょう。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

 

こんなお問い合わせがありました。

  • 2018.07.14 Saturday
  • 03:31

こういったお問い合わせや質問が、時々寄せられますので、

同じような思いでいる方もおられると思い、ブログでも

取り上げることで、情報の共有をしたいと思います。

 

このような感じの質問は、過去に何回もいただいていました。

 

それでは、質問の内容と、それに対する返信を以下に

記載しますので、参考までにお読みいただけたら幸いです。

 

以下質問です。

 

 

質問: 友人からとても良いと紹介され、試してみたいと思います。

現在血液をさらさらにするワーファリンを服用していますが、

ヨモギによる乳酸菌ということで液体の中にビタミンKは

どれぐらい含まれているのでしょうか?
 ヨーグルトに混ぜて食べるには更に薄くなるので大丈夫とは思いますが、

念のためおたずねします。 よろしくお願いします。 ◯◯◯

 

 

ここから、返信になります。

 

 

◯◯◯様

ご連絡有り難うございます。

返信が遅くなり申し訳ありませんでした。

さて、ご質問の件ですが、この蓬龍宝は、ヨモギに付着している乳酸菌の
発酵液です。(ヨモギそのものを搾ったものではありません。)

この液の中にビタミンKが、どれくらい含まれているかとのお問い合わせですが、
分析したことが無いのでわかりません。

時々こういった質問を受けますが、免疫を高め体調不良を改善・解消するといった
ことが、多くの方々から報告をいただくということは、特にこの為に体調不良を
起こしたと言った声は、今までに来たことはありませんので、心配は無いと考えています。

それよりも問題なのは、摂取する氣持ちです。
体に良いと思って摂取するものは体に良い効果をもたらし、心配しながら摂取するものは
効果が期待出来ないということが、現実にあるんです。

信じて体に良いと思って摂取している方は、皆様体調不良が改善され、喜んでくれています。

もちろん個人差がどうしてもありますから、絶対に大丈夫ということは言い切れないのですが、
少なくともこれまでの間、体調がおかしくなったと言った報告は皆無です。

ということで、最終的にはご自身の判断ですが、もし心配があるのなら、お勧めしません。

心配しながら摂取しても、効果が期待出来ないからです。

こんなことしかお答え出来ませんが、参考にして頂けたら嬉しいです。

乳酸菌普及協会 若月祥裕

 

ここまでが返信内容です。

 

いろんな情報を知りたいと思う氣持ちは、理解出来ますが、

詳しいことを知ろうとすればするほど、検査に莫大な費用が発生します。

 

それにより価格が大幅に高騰して負担が増えるわけですが、そういった

いろんなことがわかったとして、それに何か意味があるのでしょうか。

 

実際に使ってみて、良かったら続けるし、良くなかったら止めるといった

判断で良いと思う訳です。

 

だったら、いろんな事が詳しくわかる高い商品よりも、詳しいことは

わからなくても、手頃な価格で使い続けていける商品の方が良いと

考えていますがいかがでしょうか。

 

いくら良いことが列記されている商品でも、現実に使ってみたら

そうでは無かったといった商品は、多々あります。

 

ですから、良いかそうでないかは、ご自分で試して判断するということが

一番だと思う訳です。

 

皆様に効果の実感出来る商品を、これからも造り続けていこうと

思っております。

 

本日もおいで頂き、有り難うございました。

 

 

追伸です。

 

来週16日の月曜日は、祭日なので出荷はお休みになります。

それから現在九州地域は、豪雨の影響で出荷が出来ない状況と

なっておりましたが、来週火曜日より出荷出来るとのことです。

ですが、出荷は出来ますが、到着日時につきましては、

通常通りとはいかないようですので、ご理解お願い致します。

 

 

 

今年も感謝を込めて。「感謝企画」を実施いたします。!

  • 2018.07.12 Thursday
  • 03:28

今回起こった西日本豪雨は、雨が止んでもなお犠牲者が

増え続けている状態で、経験のない異常事態となっています。

 

あまりに急激に広範囲に起こったため、

正確な状況が把握できず、次から次へと情報が入るたびに、

犠牲者が増えていっているような感じです。

 

早く状況が良い方向に向かっていくことを、ただただ祈る事しか

出来ません。自然の力は強大だと思い知らされます。

 

被害にあわれた皆様には、なんとお声がけしたらいいか、

あまりの状況に言葉がみつかりませんが、なんとか希望を持って

日々の生活をしていってほしいと願っています。

 

こんなタイミングとなってしまいましたが、今年もささやかですが

これまで支えてくださった皆様に、感謝の気持ちを贈ります。

 

蓬龍宝(ホウロンポウ)を世に送り出してから、

すでに6年目になろうとしています。

 

海のものとも山のものともわからない状況の中、

こつこつと口コミを頼りに活動してきました。

 

使って頂ける皆様の免疫力が向上し、健康維持が図れることに

役立ちたいという思いだけで、進んできたところです。

 

そんな思いを理解してお使いいただいている皆様がおられる

おかげで、こんな長い間続けてこられたと思っています。

 

有難うございます。心より感謝しております。

 

そこで今年も何か感謝の気持ちを形にしたいと思っておりましたが、

ようやく企画と準備が整いましたので、感謝の形をお届けしたいと

思います。

 

美容と健康を維持していくうえで必要不可欠だと考えているものを、

今回はお届けしたいと思っています。

 

この感謝企画の対象とさせて頂く方は、一度でもホウロンポウを

ご注文して頂いた方となります。

 

これまで支えていただいた感謝の気持ちという事なので、

こちらに住所登録されている方には、注文数量の多い少ないに

かかわらず、感謝の気持ちをお届けしたいと思っています。

 

初めてのご注文の方は、大変申し訳ありませんが対象にはなりません。

次回の注文時に、企画品の在庫次第ですが贈らせていただきます。

 

企画品は500個ほどご用意いたしましたが、

在庫が終了次第この感謝企画も終了とさせていただきます。

 

ホウロンポウの販売窓口は、複数か所ご用意していますが、

いつも注文をしているところで対応していますので、

通常通りのご注文窓口で大丈夫です。

 

もちろんアマゾンでご注文いただいた方も、リピーターさんでしたら、

注文の多い少ないにかかわらず、お贈りさせて頂きます。

 

ささやかではありますが、これまで支えてきてくれた皆様に、

感謝の氣持ちをお届け出来たら幸いです。

 

ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

感謝企画のお知らせをさせて頂きました。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

健康談話

  • 2018.07.10 Tuesday
  • 03:31

あらゆる病気は、血液の汚れが原因です。といった認識は

どのくらいの方々に共有されているでしょうか。

 

今の医療の常識は、病氣の症状を押さえる事を重視して、

なんでそうなったかと言う原因を改善するという事は

していないと感じています。

 

これではいつまでたっても病人は減る事は無く、医療機関の

経営も安定して続くでしょう。

 

年々病人の数が増えていくという事は、こういう事だと

思っています。

 

この血液の汚れが何故起きるかとか、どうすれば血液の汚れを

綺麗にする事が出来るのかといった事を、説明してくれている

記事がありましたので、参考になるかどうかは個々に判断を

お任せしますが、ご一読をお勧めします。

 

森下敬一先生のメルマガから転載させて頂きました。

 

以下転載です。

↘︎

 


━■森下敬一先生 健康談話■━

あらゆる病気は、血液の汚れが原因です。

現代の日本人の体内は、「化学農薬、化学肥料、化学飼料、

化学調味料、精製された白砂糖、化学添加物、化学医薬の処方過多、

化学精製薬品であるサプリメント、化学物質による公害、

火食のしすぎ、加工食のしすぎ、などなど???」によって、非常に
「血液が汚されている状態」です。

体はこの「血液が汚れたまま」ですと「敗血症」となってしまい、

これが酷くなると「敗血病」で死んでしまう訳です。だから体は

それから「身を守るため」に、体内の「血液を浄化するための浄化装置」

である「癌」を体内の適所に作るわけです。

現代医学の「標準的な癌医療」で、いくら癌を手術によって切除しても

どれ程抗がん剤や放射線などの化学療法によって癌を消滅させたとしても、

体内の血液はまったく浄化などされることもなく、血液は汚れたままですから、

体は「また再び、必要として血液の浄化装置としての癌を体内に

作ることになる」わけなのです。

西洋医学では、癌を悪魔の細胞と悪者扱いしていますが、

果たしてそうでしょうか。私たちは、喉に物を引っ掛けると、

咳をして喀出(かくしゅつ)しようとしますし、腐敗物や有害物を食べると、

嘔吐や下痢をして体外へ排泄します。
また、風邪をひいたり体が冷えたりすると、発熱して体を温めようとします。

つまり、私たちの体は常に良くなろうとする自然治癒力を備えているのです
その観点からすると、癌だけが悪者であると考えるのはおかしいと思います。
癌も身の内であり、体のために何かをしてくれていると考えるのが自然でしょう。

血液の汚れを放置しておくと血液は腐敗していきます。これが敗血症です。
敗血病とは、血液中に病原菌が入り猛繁殖し、その毒素により中毒症状を

引き起こし、短期間で体内に毒素が拡がって死んでしまうという

恐ろしい病気です。全身の血液の汚れを引き受ける浄化装置として、

宿主である人間を敗血症の危機から救うために自らを犠牲にして

現れたのが癌なのです。

血液生理学を専攻されて、その研究に没頭され、種々の動物実験の

結果から、「癌は血液の汚れを浄化している装置である」

結論された森下敬一先生のご高説は、東洋医学的見地からは、

完全に正しいと言わざるを得ません。

東洋医学では、癌は第二の肝臓という見方さえあります。

肝臓が毒を集めて解毒してくれるから生きていけるように、

癌細胞も毒を一ヶ所に集めてくれていると考える事もできます。

西洋医学でも、昔から癌細胞は沢山の毒素を排出している事を

指摘していますが、これこそ血液の汚れを癌という浄化装置に

集結している現象だと考えてよいでしょう。

血液の老廃物の掃除屋である白血球と癌細胞には共通点があります

 ?体内・血液内を自由に動き回れる細胞は白血球と

癌細胞だけである。 ?白血球も癌細胞も活性酸素を多量に放出し、
老廃物や弱った細胞を焼却して貪食する。

この点からしても、癌は血液の浄化装置だとする説が正しい事が

分かります。癌を手術、放射線、化学療法で消滅させようとしても

根本療法とは言い難く、血液を浄化する事こそ、癌にお引き取り願う

最善の手段という事になります。

本来、人間は穀物菜食動物ですが、後に少しばかり肉食を

するようになりました。日本人が肉食過多になったのは

戦後になってからです。肉食が日本人の生理に馴染まないのも

当然です。

癌を発生させる食品群の中でも最も避けるべき三大食品は、

動物性蛋白質の肉、卵、牛乳です。肉、卵、牛乳は腸の中に

 

腐敗菌などの有害な細菌を繁殖させてしまいます。
有害な細菌が繁殖すれば、様々な毒素が発生し、

毒素が血液の中に取り込まれ、体中を駆け巡り、

病気を引き起こす事になります。

人間は穀物と野菜を食べるようにできています。そのため、

腸は肉、卵、牛乳などの動物性蛋白質をスムーズに

処理するようにはできていません。動物性食品には、

繊維質がないため、特に腸の中に停滞しやすく腐りやすいので、
強烈な毒素を生み出してしまいます。近年、大腸癌が増えているのは、

肉食化した日本人の当然の結果と言えます。

あらゆる病気は、血液の汚れが原因です。不健康な人の血液には

不純物が多くあり、赤血球の状態も白血球の状態も思わしく

ありません。病気の治療のためには、何よりもまず血液を

綺麗にする事です。血液を綺麗にするためには、その元である腸を

綺麗にしなければなりません。

すべての慢性病、生活習慣病の原因は、腸内から吸収される

毒素にあるのです。まず、一番重要なのは、腸に食肉の

腐敗産物を溜めない事。そして、もう一つは、

植物性食品を腸に送り届ける事です。

森下自然医学療法では、穀物を主食とする事を提唱しています。
穀物とは植物の種であり、蒔けば何倍、何十倍にも生長します。

未精製の穀物には食物繊維も多く、あらゆる栄養素が一粒に

凝縮されています。そのまま次の世代を生み出せるほどの栄養素を

内に秘めているのです。ですから、未精製の穀物は自然の

生命力に満ちた食べ物と言えるでしょう。

森下自然医学療法では、玄米を中心として大麦、丸麦、鳩麦、

粟、稗、小豆、黒豆、蕎麦など全部で九種類の穀物や豆類を

合わせて炊き込んだものを主食としています。
また、副食として野菜、海藻、豆類、きのこ類、魚介類を加えます。

森下自然医学療法では、腸内で腐敗を起こす肉、卵、牛乳や

発癌物質である白米、白小麦、白砂糖を体内に入れない事から

スタートし、腸内に有用な細菌の繁殖を促進する為に

発酵食品を摂り、血液中に溜まった毒素を排出するために野菜を摂り、
自然治癒力を高めるために玄米や雑穀を摂ります。

癌以外の慢性病も全く同じ食事療法で治す事ができます。

癌になるのは極端に血液が汚れるためですが、血液の汚れは

胃腸障害が口火となって起こります。胃腸の調子を整えるには、

食物を徹底的に咀嚼する事です。よく噛んで食べれば、

顎の運動に伴って、脳の中枢に信号が送られ、満腹感が早く

得られるようになります。その結果、食べる量が少なくて済みます。

少食になれば、胃腸の負担も減ります。
 

正しい食事によって、常時、血液を綺麗にしておけば、

血液に『カビ』『細菌』『ウィルス』が繁殖するのを防げます。
正しい食事によって免疫も高められていますから尚のことです。
ぜひ、正しい食事をして、自分の『血液』と『免疫』の質を

高めていきましょう!

 

 

↖︎

転載終了です。

 

やはり日々の食生活は、何より重要です。

免疫を高め、自己治癒力を正常化していくと言った

基本に繋がるものだと思います。

 

その中のひとつの手段としての乳酸菌摂取も腸内の発酵を

通じて役立つと思っています。

 

ともかく良いと思うものは、出来るものから取り入れていくと

言った認識も大事ではないかと感じています。

 

食生活、生活習慣を通じて、血液がキレイにさらさらでいられる

ような生活にしたいですね。

 

本日もおいで頂き、ありがとうございました。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

乳酸菌エステサロン!


upクリックできるよup
乳酸菌発酵サロンです拍手
手浴足浴で乳酸菌を
いっぱいの愛と光で
深呼吸しちゃいましょうおてんき

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白)
蒸留水器(蓋:白色・本体:ステンレス) ガラス容器・ガラスノズル付き 「メガキャット」 台湾メガホーム社製 型番:MH943SWS (白) (JUGEMレビュー »)

これがあればお手軽に蒸留水が使える生活が出来ます。一日4Lあれば充分だと思うので、寝ている間に出来ちゃいます。

recommend

超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放
超ミネラル原液で救われたガン、脳梗塞(後遺症)からの解放 (JUGEMレビュー »)
名倉 仟
ミネラル365の身体に及ぼす影響を詳しく解説してくれている一冊。健康を望む方の必読書ですね。

recommend

国産クエン酸(結晶) 900g
国産クエン酸(結晶) 900g (JUGEMレビュー »)

クエン酸で薬いらず・・・
神薬・・・かも・・・

recommend

スーパー風呂バンス1000
スーパー風呂バンス1000 (JUGEMレビュー »)

これは優れものだと思います。保温ようなので、電気代もさほど気にならないで24時間いつでも風呂が使えます。

recommend

スリムエネマ
スリムエネマ (JUGEMレビュー »)

大腸内に直接乳酸菌を取り入れるには、これが一番ですよ。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

長谷園 浅漬器 CT-32
長谷園 浅漬器 CT-32 (JUGEMレビュー »)

これで作っています。

recommend

recommend

トンボ つけもの容器 5型
トンボ つけもの容器 5型 (JUGEMレビュー »)

このタンクが非常に便利なんです。使わないときには重ねて収納できます。

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM